アクア後期のスタッドレスタイヤの空気圧は?エアー調整

<アクアのタイヤの空気圧に関して>

タイヤの空気圧はどうすればいいのでしょう?

空気圧は、何キロ入れればいいのでしょう?

アクアのタイヤ空気圧をチェックしました。

タイヤの空気圧

2017y06m27d_184736640

タイヤには空気を入れる必要があり、タイヤサイズにより適正値が決まっています。

もちろんアクアにも、タイヤ空気圧の基準値があります。

空気圧

空気圧などを使用してタイヤの空気圧を確認します。
 

車の指定空気圧は、ドアをあけた所に表示シールが貼られています。
 
空気圧に関しては、スタッドレスタイヤも基本的には、メーカーの適正値にするのが良いです。

すこし低めの方がグリップが上がるという話もありますが、ケースバイケースですので、基本はメーカー値を参考にするのが基本。

アクアの空気圧

前期型アクアのタイヤ

アクアの標準のタイヤサイズは、185/60R15です。

今回は、アクア後期型(2017年6月~)の空気圧の適正値です。

185/60R15の空気圧

 
<スチールホイール車>
240kpa
(2.4kg/cm2)

※タイヤが冷えている時の空気圧です。
 

<アルミホイール装着車>
230kpa
(2.3kg/cm2)

※タイヤが冷えている時の空気圧です。

185/60R16の空気圧

 
オプションで16インチ装着車があります。
こちらのタイヤサイズは185/60R16となっています。

タイヤ空気圧
230kpa
(2.3kg/cm2)

※タイヤが冷えている時の空気圧です。

グレードL 185/60R15の空気圧

 
アクアの型式DAA-NHP10-AHXCB
グレードL 185/60R15は、空気圧が異なっています。

タイヤ空気圧
270kpa
(2.7kg/cm2)

※タイヤが冷えている時の空気圧です。

タイヤ交換時など、空気圧のチェックは重要ですので、定期的に確認してください。
 
タイヤ交換に関してはこちら
⇒ アクアのタイヤ交換時のナットの締め付けトルクは?
 

ここでは、アクアの空気圧を書きました。

タイヤ交換時などは空気圧のチェックも忘れずに行ってください。