スタッドレタイヤの保管方法と注意点。金額はいくら?

「スタッドレタイヤの保管方法はどうすればいいの?」

スタッドレスタイヤは、冬場のみの使用になりますので、シーズンオフの時期は保管しておく必要があります。
 
スタッドレスタイヤの保管方法を紹介します。

スタッドレスタイヤの保管

2016y07m11

自宅に保管場所がある方はいいですが、「保管場所のない方は悩むのではないでしょうか?」
 

タイヤの保管の方法はいくつかあります。

  • 自宅で保管
  • レンタルスペースで保管
  • お店で預かってもらう

 
お金がかからないのは自宅保管ですが、タイヤを置くスペースが必要です。
 

価格は有料にはなりますが、「預かってもらう方法」があります。
 
タイヤの保管サービスをしているタイヤショップもあり、近くのお店は、1シーズンで8000円でした。

 
「タイヤ館」のような大手チェーン店でも保管サービスを行っている店舗もあるようです。

タイヤ館

詳しくは、最寄りの店舗で確認してみてください。
 

他には、貸しコンテナ、レンタルスペースを借りてタイヤを保管する方法もあります。

こちらは、大きさや場所によって金額がバラバラですが、年間だと1万円を超えるのではないかと思います。

「トランクルーム」で検索してみましたが、月1200円~となっていました。

探せばもっと安いところがあるかも知れません。
 
場所の広さと金額を確認して、保管する場所を考えてください。
 
コンパクトカーのアクアは15インチを装着していることが多く、大きさはそれほど大きくありません。

※ 4本で800mm×800mmぐらいのサイズです。

タイヤの保管方法は?

 
シーズン終了で交換したタイヤですが、そのまま保管するのはNGです。

 
使い終わったタイヤは、汚れを落として保管します。

汚れを落とす

汚れた状態では、水分や油分などがゴムの変質を招く恐れがあるので、 水洗い等で汚れを落とした上でしっかり乾かしてから保管します。

 
また、湿気や直射日光は、タイヤのゴムを変質させる原因になるので、雨や水のかからない風通しが良い日陰に保管します。
 

空気圧は少し少なめで保管した方がいいようですが、私はそのまま保管しています。特に問題はありませんでした。
 

タイヤを床に直接置くと、ゴムの油などの汚れや跡が床に着くことがありますので、何か敷いた方が良いです。

過去に床に直接タイヤを置いていたら、汚れが床に付着して、なかなかとれませんでしたので、注意して下さい。

保管場所を確保して、次のシーズンまで、いい状態で保管してください。
 
ナットやキャップなど付属品の紛失にも注意して下さい。